ママの生理痛を和らげるためにできること

スポンサーリンク
健康

ママの生理痛について考えてみた

ウチには、
僕を含め子供たち
3人も男なので、

本当の意味で生理のつらさ
理解することは難しいです。

ということで、
男性の立場からママの生理の辛さを
子供たちにも少しづつ理解してもらえるよう
勉強してみました。

今回はメンタリストDaiGoさんの
動画配信サービス「
Dラボ」の過去動画に

12の最新研究で生理痛軽減」という

動画があったので、

こちらで紹介されていた対策を

簡単かつ、すぐ使えそうなものだけまとめてみました。

※しっかり勉強したい方はから入会してご視聴ください。
Dラボ byメンタリストDaiGo


・生理って約
1ヶ月おきに、
お腹痛い、頭痛などあれば、そりゃ気が滅入りますよね。

それでも子供たちは「ママ!ママ!」とお構いなし。。。

ですので、我が家では、

妻のPMS(月経前症候群)の期間がわかるように
カレンダーに記入してもらうようにしました。

子供たちには、
「ママ(女性)には大変な期間があるんだよ」
という認識を持ってもらおうと。

生理周期がわかるだけでも、
生理の不快感を軽減できるというデータもあるそうなので、
アプリなどで管理した方がいいそうですよ。

生理の辛さを軽減するには

ここから、DaiGoさんの動画で学んだ対策をまとめます。

まず、ストレスを感じないようにしてもらうこと、

メンタルの安定は生理の重さと相関するそうです。

あとは、効果のある栄養素を摂取することが推奨されています。

食べ物などで簡単そうなもの

対策1.
・緑茶:
135杯飲む。カテキンが効果あるそう

→これは、お茶淹れてあげたらいいね!簡単!

対策2.
・ 
はちみつ:1日大さじ1杯 生理の始まる2週間前からとる

→鎮痛剤と同等のレベルで痛みを軽減したという
試験データがあるそうです。

はちみつレモンみたいなドリンク、作ってあげると良いかな?
もしくは、ハニートーストとか??

食事の基本として

対策3.
・野菜、フルーツ多めの食事


性ホルモンが安定することによって
気分の上下動が抑えられるそう。
やっぱり、基本はバランスの良い食事ですね!

脂っこい「西洋料理」ではなく

「地中海料理」「和食」(魚中心)の

食事を心がけるといいようです。

メンタルの安定に効果がある栄養素はこちら

栄養素の内訳としては以下のモノを摂取することで

メンタル安定して生理中の

不快感を軽減できることがあるそう

  • カルシウム 11200mg
  • ビタミンD 1700IU
  • オメガ3脂肪酸 1500mg
  • 非ヘム鉄 110.5mg
  • チアミン 11.1mg

どうやってこんなに栄養素とるの?

の回答には

ほうれん草、ブロッコリー、ケールなどに
オリーブオイルをかけたサラダ

がおすすめだそうです。


もしくはサプリで補いましょう!と

生理にはマグネシウム最強説

対策4. マグネシウム 1310320mg摂取

  1. 気分の低下を防ぐ
  2. 生理痛の緩和
  3. お腹が張る、胸が痛いを和らげる
  4. 生理痛による頭痛の発生率41%低下

マグネシウム最強説!
とまで言ってましたね。

上記の様な効果を期待できるなら
「摂取しないのもったいないくらい!」とのこと。

おすすめのサプリはこちらだそうです

マグネシウムを摂取するには何食べたらいいの?

Google先生に聞いてみました

サバ水煮缶
 
120g中 37.2g含有
アーモンド
10(約10g31mg
カシューナッツ10(約10g24mg
などなど、
大豆、魚介類、ナッツ類を食べると摂取できる

おまけ

◯亜鉛 17mg怒りが抑えられる

PMSのイライラなどの軽減に効果ありと。

しかし、これはサプリでとると逆に頭痛、

吐き気が出る人がいると聞いたことあるので

摂取には注意が必要かも。

代表的なのは「牡蠣」だけど、

牛肉やチーズにも含まれているので

無理に制限してなければ摂取可能かと。

食事以外の対策はセルフコンパッション

◯セルフコンパッション

セルフコンパッションとは、「人にやさしくしてあげるように、自分にもやさしくしてあげる」こと   https://m-ini.com/self-compassion/より

上記引用のサイトにも書いてありますが、
セルフコンパッションを育てるためには
瞑想がいいそうです。(マインドフルネス瞑想、慈悲の瞑想)

瞑想のやり方などの入門書にはDaiGoさんの著書がおすすめです。

もっとガッツリやりたい方は
こんな本もおすすめされていました。

111.5分の瞑想が生理痛を

軽減させるというデータがあるとのこと。

瞑想する

副交感神経活性化(リラックス)

心拍変動改善

メンタル安定 = 生理痛軽減

という流れ。

夫婦、家族みんなで瞑想してみたらいいかも。

もしくは、

ゆっくりリラックスできるように、

時間を作ってあげてもいいかも。

 

また、
生理後
排卵期の時、不公平の扱いに敏感になり、
攻撃性の増加見られるそう。 

原因はテストステロンの増加らしいとのこと。

生理期間が終わったからOK
ということではないとのこと。

 

結論

 

ママには過度なストレスを与えないよう
優しくしようね

当たり前のことだけど、大事ですね!

一緒にお茶でもゆっくり飲みながら

お互い居心地の良いおウチにしていきましょう!

 

※それでも痛みがある人はお薬で管理は必要です。
生理で特にお腹下しちゃう人におすすめのお薬だそうです。
妻が飲んでいるものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました